葬儀の挨拶やお悔やみについて

葬儀の挨拶やお悔やみについて

葬儀では、喪主にとっても参列者にとっても、「挨拶」はひとつの大きな仕事だと思います。喪主にとっては、家族を亡くし、悲しく、そして慌ただしい中での挨拶となり、難しいものがあります。
 
また、葬儀に参列する参列者にとっても、挨拶はかんたんなことではありません。葬儀での挨拶は、多くの人が経験の無いことであり、戸惑ってしまっても仕方がない部分があります。しかし、そう言ってもいられません。社会人ともなれば、突然の葬儀ということは十分に考えられるのです。ある程度の基本をマスターしておけば、いざという時に慌てないで済みます。
 

葬儀の挨拶、喪主挨拶について

  • 喪主あいさつは「気持ち」を自分の言葉で伝えればいい
悲しみの中で行わなければならない「喪主挨拶」。完璧にできないことが当たり前です。参列している人たち全員が、つらい状況を理解しています。だから気持ちさえ伝わればいいのです。間違っていようが、自分の言葉で話してみましょう。メモが無ければ読めないようであれば、メモに頼っても大丈夫。自分の言葉で気持ちを伝えることが何よりも大切なことです。
 
  • 葬儀社もサポートしてくれる
挨拶の文章を事前に考えることは誰にとっても難しいことです。葬儀で挨拶をすることなど、ほとんどの人が経験の無いことです。そのため、葬儀のプロフェッショナルである葬儀社では、通常、挨拶の文例集を持っています。状況に合わせて内容を変更すればいいので、葬儀社スタッフに相談してみましょう。
 
  • 代理の人が挨拶してもいい
どうしても、体調不良などで、喪主挨拶が不可能な場合は、代理人として別の親族が挨拶しても問題ありません。
 
  • 忌み言葉(いみことば)
忌み言葉は、不幸が繰り返し起こらないよう、葬儀の席で使わないことが慣例化している言葉です。縁起の良くないことを連想させる言葉が多く、たとえば、
 
「返す返す(かえすがえす)」、「重ね重ね(かさねがさね)」、「再び」などの言葉は、葬儀の席では使うべきでないとされています。
 
直接的に生死を連想させる言葉も忌み言葉とされています。「死ぬ」「生きる」なども忌み言葉として葬儀の席では使用を避けるべき言葉とされています。他に「四」や「九」を使わないという人もいるようですが、忌み言葉のことばかり考えて挨拶をする必要はありません。大事なことは、繰り返しますが、自分の言葉で気持ちを伝えることです。たとえ忌み言葉を使ってしまったとしても、それを後々まで気にすることもありません。
 
喪主挨拶は通常、読経や焼香が終わり、さらに僧侶が退場した後に行われます。簡潔に伝えられればそれに越したことはありませんが、参列者の誰もが理解者ですので、うまくいかなくても心配することはありません。喪主の代理となる親族が挨拶する場合は、「親族を代表して」など、必ず代理人としての立場を説明するようにしましょう。
 
お通夜での挨拶はたとえば、
  1. 弔問へのお礼
  2. 故人について
  3. 通夜振る舞いについて
  4. 葬儀式、告別式について
  5. お礼
 
という内容を簡潔に知らせることができれば構いません。葬儀のスケジュールや内容により、挨拶の内容を変えればいいでしょう。
 
葬儀式・告別式での挨拶は、お通夜同様に僧侶が退場してから行います。故人の最期の様子を手短に伝えてもいいでしょう。参列者への感謝の言葉を中心に、簡潔に話せれば理想的です。
 
遺族にお悔やみを伝える
訃報が伝えられた際に、遺族に対しお悔やみの言葉を伝えます。お通夜の受付時などがお悔やみを伝えるタイミングとなります。夜中に訃報を聞いた場合などは、よほど親しい関係で無い限りは、このタイミングまでお悔やみを伝える必要はありません。遺族は悲しみとともに慌ただしさの中にいます。お悔やみの言葉を早く伝えたくなる気持ちも分かりますが、遺族の心情を考えましょう。
 
喪主挨拶同様、お悔やみの言葉を遺族に伝えることにも難しさがあります。遺族にお悔やみの言葉を伝える際の基本は「手短に」です。遺族の気持ちを一番に考え、サポートするような意思を表すのがいいでしょう。大切なのは気持ちを伝えることですので、どうしても「言葉が出ない」などの心配がある場合は、黙礼するだけで十分です。
 
「このたびはご愁傷様でした」
「心からお悔やみ申し上げます」
 
などがお悔やみの言葉として多く使われます。頭を深く下げ、遺族に対し同情の心を表しましょう。
 
また、香典を手渡す際は、
 
「気持ちばかりですが、御霊前にお供えください」
 
という言葉を付け加えるといいでしょう。ちなみに「御霊前」という言葉は、宗教問わず、ほとんどの宗教で使うことができます。
 
やはり喪主挨拶同様に、遺族にお悔やみを伝える際も、忌み言葉に気をつける必要があります。また、長話や死因などを聞くことは失礼に当たります。
 
  • お悔やみの言葉、宗教や宗派で言葉が違うので難しい
「忌み言葉」ではありませんが、宗教や宗派により、葬儀で使う言葉には違いがあります。既に「御霊前」という言葉はほとんどの宗教で使えるという話をしましたが、たとえば「御香典(ごこうでん)」という言葉は仏教宗派のみで使える言葉で、神道やキリスト教の葬儀で使うことはできません。
 
日本は仏教徒がマジョリティーの国ですから、葬儀で使われる、よく知られている用語は仏教由来のものが多いでしょう。
 
「冥福を祈る」
 
という言葉を日本人はよく使いますが、この「冥福」は仏教由来の言葉であり、他の宗教の葬儀では使うことのできない言葉です。日本人は宗教的に寛大なところがあるので、特に「ご冥福をお祈りします」という言い回しをよく使いますが、神道やキリスト教は考え方がまったく違うため違う言葉を選ばなければなりません。
 
神式の場合、
「御霊(みたま)の平安を祈る」
 
キリスト教の場合、
「やすらかにお眠りください」
 
などと言いかえることができます。
 
死に対する感覚や世界観は宗教や宗派によって大きく異なるんですね。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与